MENU

ブログ

Blog

喫煙がインプラントに与える悪影響について知っておこう|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

喫煙がインプラントに与える悪影響について知っておこう

Pocket

タバコは気分をリラックスさせたり、やる気を引き起こしたりする効果のある嗜好品ですが、その一方で多くのデメリットもあります。

また、インプラント治療を受ける方は、タバコを吸うことにより、さまざまな不具合が出る可能性があります。

ここからは、喫煙がインプラントに与える悪影響について解説します。

 

定着しにくくなる

喫煙がインプラントに与える悪影響としては、まず人工歯根が定着しにくくなることが挙げられます。

インプラントは、歯を失った部分の歯茎を切開し、その部分に人工歯根を埋め込む治療です。

このとき、人工歯根の上に取り付けられる義歯がしっかり固定されることにより、通常の歯と同じような咀嚼を実現します。

しかし、タバコに含まれるニコチンにより、血管が収縮したり、骨や組織にうまく酸素が供給されなかったりすると、人工歯根は安定感を失い、義歯も完全に固定されなくなってしまいます。

 

細菌感染のリスクが高くなる

喫煙がインプラントに与える悪影響には、細菌感染のリスクが高くなるということも挙げられます。

インプラントでは、埋め込んだ人工歯根の周辺で細菌感染が起こり、術後もしばらく腫れが続くリスクがあります。

もちろん、信頼性の高い歯科クリニックであれば、こちらのリスクはかなり低いですが、術後も口内に傷口は多少残るため、そこから感染が起こる可能性はゼロではありません。

また、タバコを吸うことで、免疫力を促進するタイプのリンパ球が減少したり、免疫力を高めるビタミンCを余分に消費したりするため、細菌感染はより起こりやすくなってしまいます。

 

歯茎の炎症が起こりやすくなる

歯茎の炎症が起こりやすくなることも、喫煙がインプラントに与える悪影響の1つです。

口内で分泌される唾液には、自浄作用というものがあります。

こちらは、歯の表面や歯の間についたプラークや食べカスを洗い流す作用をいいます。

そのため、唾液量が多いほど口内はキレイな状態を保てますが、喫煙は血管の収縮、血流の悪化を招き、唾液の分泌量が減少することにもつながります。

これにより、歯に付着したプラークが蓄積され、人工歯根周辺の歯茎における炎症が起こりやすくなります。

 

まとめ

ここまで、喫煙がインプラントに与える悪影響について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

喫煙者の方にとって、依存性の高いタバコは簡単にやめられるものではありません。

しかし、インプラント治療を行う場合、タバコのせいで大がかりな治療が失敗に終わってしまう可能性もあるため、ある程度定着するまでの間だけでも、喫煙は控えることをおすすめします。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。