MENU

ブログ

Blog

【越谷市せんげん台でホワイトニング】市販の商品で行うホワイトニングのリスク|せんげん台駅徒歩3分の歯医者|せんげん台ほんま歯科医院

【越谷市せんげん台でホワイトニング】市販の商品で行うホワイトニングのリスク

ホワイトニングは基本的に歯科クリニックで受けるものです。

歯科クリニックでしか使用できない薬剤により、高い効果が期待できます。

またホワイトニングの方法には、市販の商品を使ったものもあります。

しかしこういった方法はあまりおすすめできません。

今回は市販の商品で行うホワイトニングのリスクを解説します。

 

アルミホイルを使用する方法

アルミホイルでホワイトニングができる方法は一時期話題になりました。

手順はまず重曹と塩をよく混ぜ合わせ、歯にまんべんなく塗布します。

塗布した上からアルミホイルを被せ、1時間ほど放置します。

最後にアルミホイルを剥がしてブラッシングすれば、歯が白くなるというものです。

しかしこの方法は歯科クリニックのホワイトニングよりもリスクが高いです。

重曹は研磨力が強く、歯の表面のエナメル質を傷付けるおそれがあります。

またホワイトニング効果についても、あまり大きな効果は期待できません。

 

歯のマニキュア

歯のマニキュアは歯の表面に塗る塗料です。

塗布することで歯を白く見せる効果があります。

またこちらには、歯科クリニックで行うものと自宅で行うものがあります。

自宅で行う場合、安価かつ手軽に試せるところがメリットです。

もちろん自身のタイミングで歯を白くすることもできます。

しかし歯のマニキュアによる白さは、歯磨きをすると簡単に落ちてしまいます。

つまりあくまで一時的な白さだということです。

さらに歯科クリニックで行うものと違い、色は選べないケースが多いです。

その他、歯の白さにムラが出やすいのもデメリットです。

 

歯の消しゴム

歯の消しゴムは少し変わったホワイトニンググッズです。

歯の表面の黄ばみが気になるところに先端を当て、こすることで汚れを除去します。

取り扱いが簡単で、値段も500~1,500円と安価なのが特徴です。

しかしこちらも歯科クリニックのホワイトニングほどの効果はありません。

またアルミホイルを使った方法と同じく、歯を傷付けてしまうリスクがあります。

理由は歯の消しゴムの成分に研磨剤が含まれているからです。

ちなみに歯の間については、歯の消しゴムで白くするのは難しいです。

 

まとめ

ここまで、市販の商品で行うホワイトニングのリスクについて解説しました。

市販のホワイトニンググッズには、ユニークなものが数多く存在します。

またアルミホイルなど、家にあるアイテムでホワイトニングをする方法もあります。

しかし、いずれも歯科クリニックでのホワイトニングより劣っている部分が多いです。

安全かつ確実に効果を得たいという方は、歯科クリニックに通院しましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。