MENU

ブログ

Blog

ホワイトニング治療のよくある失敗と対策について|せんげん台駅徒歩3分の歯医者|せんげん台ほんま歯科医院

ホワイトニング治療のよくある失敗と対策について

ホワイトニング治療は、歯磨きでは落ちない加齢、飲食物による歯の着色を白くする治療です。

しかし、知識が足りなかったり、注意点を守らなかったりすると、治療に失敗してしまうおそれがあります。

ここからは、ホワイトニング治療のよくある失敗と対策について解説します。

 

思ったより白くならなかった

ホワイトニング治療のよくある失敗としては、まず「思ったより白くならなかった」というケースが挙げられます。

ホワイトニング治療は、方法や使用する薬剤によって、得られる効果が微妙に変わってきます。

そのため、事前のイメージとのズレが生じ、満足のいく結果が得られなかったということは往々にしてあります。

また、1回ホワイトニング治療を受けるだけでは、本来の歯を上回るような白さを手に入れることができないケースも多いです。

このような失敗をなくすためには、治療方法や薬剤の特徴、効果を高めるために必要な通院回数や期間、ケアの頻度などについて、あらかじめ歯科クリニックに聞いておくことをおすすめします。

 

逆に黄色くなった

ホワイトニング治療では、歯を白くする治療を受けたにもかかわらず、逆に黄色くなってしまったという失敗もよくあります。

ホワイトニング治療の直後は、歯の表面に存在する薄いタンパク質の膜(ペリクル)が剥がれ、着色しやすい状態になります。

このような状態で、カレーやコーヒーといった色の濃いものを食べたり飲んだりすると、色素が沈着し、治療を受ける前よりも黄色くなってしまうことがあります。

ホワイトニング治療直後の食事に関しては、必ず歯科クリニックから注意点の説明があるため、必ずその内容を守って生活してください。

 

歯、歯茎に痛みが出た

ホワイトニング治療直後によくある失敗としては、歯や歯茎に痛みが出ることも挙げられます。

先ほども触れたように、ホワイトニング治療直後は歯のペリクルが剥がれます。

こちらには歯を守る役割があり、剥がれた状態で熱いものや冷たいものを摂取しすぎると、刺激が強くなり、痛みにつながります。

また、ホワイトニング治療後は、治療に使用するライトや過酸化水素の影響により、歯の水分が不足することがあり、こちらが痛みにつながることもあるため、水分は積極的に摂取してください。

 

まとめ

ここまで、ホワイトニング治療のよくある失敗と対策について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ホワイトニング治療は、美しい歯を手に入れたい方にとって最適な治療ですが、治療を受けるにあたっての注意点も多いです。

また、後悔のない仕上がりにするためには、治療を受ける方自身の工夫や対策も必要だということを理解してください。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。