MENU

ブログ

Blog

ホワイトニング直後に摂取を控えるべき栄養素について|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

ホワイトニング直後に摂取を控えるべき栄養素について

Pocket

歯科クリニックでホワイトニングを受けた後は、一時的に歯が保護膜で覆われていない状態になるため、最低でも24時間、着色性のある食べ物の摂取を控えなければいけません。

また、ホワイトニング直後は、単純に色の濃いものだけでなく、摂取する栄養素に関しても注意が必要です。

具体的に見てみましょう。

 

ポリフェノール

ホワイトニング直後に摂取を避けるべき栄養素としては、まずポリフェノールが挙げられます。

ポリフェノールとは、ほぼすべての植物に含まれている物質であり、着色性が高いという特徴を持っています。

非常に種類が豊富で、自然界に存在するポリフェノールは8,000種類以上とも言われています。

有名なものには、カテキンやタンニン、イソフラボンといったものが該当し、これらは以下の色が薄いものにも含まれているため、ホワイトニング直後は摂取しないよう注意しなければいけません。

・カテキン:緑茶、りんご など
・タンニン:バナナ など
・イソフラボン:大豆、葛 など

 

硫黄類

硫黄類とは、ミネラルの一種であり、他の必須アミノ酸とともに、髪の毛や皮膚、爪などのタンパク質を合成する働きを持っている成分をいいます。

こちらも、ホワイトニング直後に摂取すべきではない栄養素の1つです。

なぜなら、硫黄類は独特の刺激や辛味のもとであり、歯の汚れやシミにつながりやすい成分でもあるからです。

以下のような食べ物に多く含まれているため、食事の際は避けるよう意識してください。

・大豆
・ニンニク
・ネギ
・タマネギ
・ニラ
・エシャロット など

 

ビタミンB群

ホワイトニング直後の食事で控えるべき栄養素には、ビタミンB群も挙げられます。

ビタミンB群は、それぞれ助け合いながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つビタミンで、人間の身体にとって非常に重要なものです。

しかし、一部のビタミンB群には色の強いものがあり、これらはホワイトニング直後に摂取するものとしては適切ではありません。

具体的には、強い黄色のビタミンB2、強いピンク色のビタミンB12を含む以下のものは、摂取しないことをおすすめします。

・ビタミンB2:レバー、牛乳、納豆、うなぎ など
・ビタミンB12:牡蠣、あさり、しじみ、焼きのり など

 

まとめ

ここまで、ホワイトニング直後の摂取を控えるべき栄養素について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくホワイトニングで歯をキレイにしたにもかかわらず、直後の食事で着色してしまうと、これまでかかったコストや時間が無駄になってしまいます。

そのため、わずかな期間ではありますが、食事の内容は徹底的に管理することをおすすめします。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。