MENU

ブログ

Blog

コンフォート義歯のメンテナンスをする際の注意点|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

コンフォート義歯のメンテナンスをする際の注意点

Pocket

コンフォート義歯は、丁寧にブラッシングをした後、入れ歯洗浄剤でつけ洗いを行うことで、長く快適に使用することができます。

しかし、このとき間違った行動を取ってしまうと、思いもよらぬトラブルが起きたり、寿命が短くなったりすることがあります。

今回は、コンフォート義歯のメンテナンスにおける注意点を解説します。

 

コップや洗面器に水を張る

コンフォート義歯のメンテナンスにおける注意点としては、まず使用後のブラッシングをする際、必ずコップや洗面器に水を張ることが挙げられます。

具体的には、コップの上で取り外した義歯を持ち、毛の柔らかい入れ歯ブラシでぬめりがなくなるまで優しく磨きます。

このとき、下に水を張ったコップや洗面器を用意していない場合、洗面台や床に落として破損させてしまったり、排水口に義歯が流されてしまったりするおそれがあります。

 

丁寧に優しく磨く

コンフォート義歯のメンテナンスにおける注意点としては、必ず丁寧に優しく磨くことも挙げられます。

コンフォート義歯における歯の部分、入れ歯の端などは、しっかりとブラッシングしなければなかなか汚れが落ちません。

しかし、だからといってゴシゴシと力を入れすぎると、キズが付いて使用感が変わってしまうおそれがあります。

特に、歯茎に直接接する内面を磨きすぎると、常に不快な感覚をおぼえることも考えられるため、注意してください。

また、内面をゴシゴシとブラッシングすることにより、装着時に歯茎との間に隙間ができてしまう可能性もあります。

 

ぬるま湯を使用する

コンフォート義歯のメンテナンスにおける注意点としては、必ずぬるま湯を使用することも挙げられます。

義歯の汚れを落とす場合、お湯の方が落ちやすくなると考える方もいますが、こちらの考えは正しくありません。

義歯をお湯で洗うと、変形して口内の形状と合わなくなる可能性があります。

具体的には、60度くらいの温度から変形が始まります。

ラーメンやスープなど、食事の範囲での温度変化であれば、基本的に変形することはありませんが、メンテナンス時に直接熱いお湯をかけたり、高温のお湯の中で煮沸消毒を行ったりしてはいけません。

 

まとめ

ここまで、コンフォート義歯のメンテナンスにおける3つの注意点を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

メンテナンスの仕方さえ間違えなければ、コンフォート義歯は歯を失った方にとって、非常に便利なアイテムです。

また、前述したこと以外の注意点については、歯科クリニックでしっかりとレクチャーを受け、その内容を守り続けなければいけません。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。