MENU

ブログ

Blog

コンフォート義歯の使用を検討する方が知っておくべきこと|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

コンフォート義歯の使用を検討する方が知っておくべきこと

Pocket

入れ歯の歯茎にあたる部分を生体用シリコーンで覆い、痛みを和らげ、噛みやすさを追求した特殊加工技術がコンフォート義歯です。

歯を多く失った方などは、こちらのコンフォート義歯の使用を検討していることもあるかと思いますが、実際使用する前には、今回解説することについて把握しておいてください。

 

味の変化について

冒頭でも少し触れたように、コンフォート義歯は噛むという動作を極力違和感なく行えるよう、特殊加工技術が施されたまったく新しい義歯です。

生体用シリコーンの生み出す弾力が吸盤のように作用し、噛むときに発生する顎の横の動きにもしっかりフィットします。

また、今後コンフォート義歯の使用を検討している方の中には、「コンフォート義歯の装着により、食べ物の味が変わってしまわないか?」と不安を抱いている方もいるかと思います。

こちらに関しては、従来の入れ歯と変わりなく、食べ物の味自体が変わってしまうようなことはありません。

ただし、これまで使用していた入れ歯と大きく形状が異なる設計となった場合、味の感じ方には多少の変化が出る可能性があります。

 

金属アレルギーについて

コンフォート義歯の使用を検討している方は、コンフォート義歯と金属アレルギーの関係性についても把握しておきましょう。

コンフォート義歯では、上顎の歯茎の部分に一部金属を使用しています。

こちらは、食べ物を口内に入れたときの温冷がわかりやすく、より食事を楽しめるようになるためのものです。

しかし、金属アレルギーの方は、こちらの材料がアレルギーの原因になる場合があります。

そのため、アレルギーがある旨を歯科クリニックの医師に伝えた上で、他の治療も選択肢に入れることをおすすめします。

 

入れ歯安定剤について

これまで一般的な入れ歯を装着していた方の中には、入れ歯が外れたり、痛みが出てしまったりしたときの補助として、入れ歯安定剤を使用してきたという方も多いかと思います。

また、長年安定剤を使用してきたことにより、こちらがないと入れ歯が固定されている気がしないと感じる方もいるかもしれませんが、コンフォート義歯では、基本的に安定剤を使用することができないため、注意が必要です。

ただし、生体用シリコーンの吸着効果は高いため、安定剤がなくても固定されている感覚が失われることはありません。

 

まとめ

ここまで、コンフォート義歯の使用を検討する方に向けて、事前に知っていただきたいことをいくつか解説してきました。

コンフォート義歯が優れた技術であることは事実ですが、前もってポイントを押さえておかなければ、装着後に後悔してしまう可能性があります。

もちろん、事前に歯科クリニックの医師からの説明はありますが、自身でも予備知識をつけておくことを意識しましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。