MENU

ブログ

Blog

コンフォート義歯の装着で食事が楽しめるようになる理由|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

コンフォート義歯の装着で食事が楽しめるようになる理由

Pocket

コンフォート義歯は、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンで覆った新しい義歯です。

インプラントのように特別な外科的手術は不要で、患者さん1人1人に合わせてオーダーメイドで作成されます。

今回は、こちらのコンフォート義歯を装着することにより、食事が楽しめるようになる理由について解説します。

 

噛むときの痛みがない

コンフォート義歯の装着により、食事が楽しめるようになる理由としては、まずものを噛むときの痛みがないことが挙げられます。

冒頭でも触れたように、コンフォート義歯は硬い入れ歯が触れる歯茎を生体用シリコーンでカバーするため、装着時はもちろん、ものを咀嚼する際にも痛みはほとんど出ることがありません。

どれだけ美味しいものを食べても、噛むときに痛みが発生すると、味に集中できず、心から食事を楽しむことができなくなります。

コンフォート義歯を装着すれば、このような悩みとは一切無縁です。

 

食べカスがはさまりにくい

食べカスがはさまりにくいということも、コンフォート義歯を装着することにより、食事が楽しめるようになる理由の1つです。

コンフォート義歯の大きな特徴としては、痛みが少ないこと、噛む力が強くなることの他に、吸着力が強いことも挙げられます。

歯茎に当たる部分の生体用シリコーンには、適度な弾力があり、こちらが吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに起こる義歯のさまざまな動きに対応します。

そのため、総入れ歯にありがちなゆるみが緩和され、入れ歯と歯茎の間に食べカスがはさまりにくく、こちらを気にせず食事に集中できます。

 

温度が伝わりやすい

コンフォート義歯を装着することにより、食事が楽しめるようになる理由としては、温度が伝わり安いことも挙げられます。

コンフォート義歯における生体用シリコーンの内部には、薄い金属板が入っています。

こちらがあることにより、食べ物の温冷が伝わりやすく、温かいものはより温かく、冷たいものはより冷たく食べることができます。

他の入れ歯では、やはり天然歯ではないことから、出来立ての料理の温かさをそれほど感じなかったり、冷たいアイスやビールなどの美味しさを感じにくかったりするため、こちらは大きなメリットです。

 

まとめ

ここまで、コンフォート義歯を装着することにより、食事が楽しめるようになる理由について解説してきました。

美味しいものを食べることにより、日々のストレスを解消したり、仕事への原動力を手に入れたりしている方は、決して少なくないと思います。

そのため、歯の状態が悪い方は、ぜひ状況にあわせてコンフォート義歯の装着を検討してみてください。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。