MENU

ブログ

Blog

コンフォート義歯を洗う際に使用してはいけないアイテム|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

コンフォート義歯を洗う際に使用してはいけないアイテム

Pocket

天然歯と同じように、当然義歯にも食べカスやプラークは付着します。

そのため、コンフォート義歯を快適に使用するには、毎日しっかりと洗う必要がありますが、このときには使用してはいけないアイテムがいくつか存在します。

具体的にどのようなアイテムがNGなのかを見てみましょう。

 

歯磨き粉

コンフォート義歯を洗うときに使用してはいけないアイテムとしては、まず歯磨き粉が挙げられます。

歯磨き粉には、研磨剤というものが含まれています。

こちらは、歯の表面にあるエナメル質の部分に付着した汚れ、着色を落とすことを目的とした成分であり、パッケージの成分表示には清掃剤と記載されていることもあります。

天然歯の汚れを落とす場合には、非常に有用な研磨剤ですが、こちらをコンフォート義歯に使用してしまうと、パーツが削れて使用感が変わってしまうおそれがあります。

そのため、コンフォート義歯を洗う際は、歯磨き粉ではなく入れ歯洗浄剤を使用しなければいけません。

 

硬い歯ブラシやスポンジ

コンフォート義歯を洗うときに使用してはいけないアイテムとしては、毛先の硬い歯ブラシやスポンジなども挙げられます。

色素の沈着や黄ばみ、プラークなど、コンフォート義歯の頑固な汚れは非常に厄介です。

特に、目立ちやすい前歯部分にコンフォート義歯を装着している方は、なんとかこれらの汚れを落としたいと考えるでしょう。

しかし、だからといって硬い歯ブラシや食器洗い用のスポンジを使用してしまうと、すぐ義歯にキズがつき、そこから破損につながる可能性もあります。

汚れがなかなか落ちない場合は、まず落ち着いて専用洗剤を試し、それでも難しいのであれば、歯科クリニックに相談してください。

 

漂白剤

漂白剤も、コンフォート義歯を洗う際、絶対に使用してはいけないアイテムの1つです。

漂白剤には、汚れやシミなどの色素を化学反応によって分解させる働きがありますが、コンフォート義歯にこちらを使用してしまうと、全体が変色する可能性があります。

また、義歯の色が変色してしまうと、装着時に周囲の天然歯との違いがわかりやすくなり、審美性が高いというコンフォート義歯が持つ大きなメリットを失ってしまいます。

 

まとめ

ここまで、コンフォート義歯を洗う際、使用してはいけないアイテムについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

コンフォート義歯は優れた義歯ではありますが、決して完璧なものではありません。

そのため、汚れが落ちにくいこともありますが、もしそうなったとしても、歯科クリニックからの指示を無視し、前述したようなアイテムを使用しないようにしましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。