MENU

ブログ

Blog

スポーツマウスピース(マウスガード)を装着する心理的な効果|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

スポーツマウスピース(マウスガード)を装着する心理的な効果

Pocket

スポーツマウスピース(マウスガード)は、アスリートの安全のためにも装着が推奨されていたり、義務付けられていたりします。

しかし、装着することで得られる効果は何も安全に関してだけではありません。

心理的な効果にも、期待ができるのです。

どのような効果があるのか、解説します。

 

スポーツには怪我がつきもの

スポーツをしていて、怪我をしたという人は多いでしょう。

身体を酷使したことで生じる怪我もあれば、他の選手との接触によって怪我をすることもあります。

どのような場合でも、怪我をした選手は辛い思いをするでしょう。

では、接触によって相手選手が怪我をして自分は無傷だった場合、それは喜ぶことができるでしょうか?

自分との接触で相手が怪我をした場合、ほとんどの人は罪悪感を覚えるのではないでしょうか。

スポーツなので仕方がないとはいえ、気にする人は多いでしょう。

そして、相手選手の怪我が重かった場合などは、再び他の選手と接触することを恐れるかもしれません。

そのせいで、スポーツから引退することも考える人は決して珍しくないのです。

 

安全を守る大切さ

スポーツマウスピース(マウスガード)には、怪我を防ぐ効果もあります。

手や足の骨折などを防ぐ効果はさすがにありませんが、より重篤な怪我につながる顎や首などは、守る効果があるのです。

そして、装着を義務付けられている競技では自分だけが装着しているわけではなく、相手も装着しています。

つまり、相手が重い怪我や障害を負う可能性は、大幅に少なくなるのです。

それによって、相手選手との接触についても遠慮する気持ちが薄れます。

思いっきりやっても大丈夫と思えば、リラックスしてスポーツに取り組むことができ、プレーに専念できるでしょう。

集中力も増し、積極性も出てくるのでプレーものびのびとでき、本来の実力を発揮できるようになるのです。

スポーツマウスピース(マウスガード)には、このような心理的効果も期待できます。

 

まとめ

スポーツマウスピース(マウスガード)は、選手の怪我を予防する効果があります。

それは自分が怪我する可能性だけではなく、相手に怪我をさせてしまう可能性も低くできるということです。

相手の怪我が心配なやさしい人でも、安心してスポーツに取り組むことができるでしょう。

しっかりと怪我を予防するためにも、自分に合ったものを用意するようにしてください。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。