MENU

ブログ

Blog

インプラントは、残った歯に優しいというメリットがある|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラントは、残った歯に優しいというメリットがある

Pocket

インプラントといえば、失った歯の代わりになるというイメージが強いと思います。

それも間違いではないのですが、それ以外のメリットとして残っている歯に優しいというものがあります。

これは、どのような理由なのでしょうか?

インプラントが残っている歯に優しいという理由について、解説します。

 

他の治療とは違い、負担がない

歯を失った場合の治療方法としては、インプラント治療以外にもブリッジ治療や部分入れ歯などがあります。

このうち、残っている歯に最も負担をかけないのが、インプラント治療なのです。

ブリッジ治療の場合、空洞の歯の被せものを造りそれを失われた歯の両脇の歯で支える、という形になります。

つまり、その空洞の歯にかかる負担は両脇の歯に係るのです。

歯は、強く噛むほど摩耗していきます。

また、強い負担がかかると根元から折れてしまうこともあるでしょう。

ブリッジ治療の場合、そういった不安があるのです。

また、部分入れ歯も残った歯に入れ歯の金具を装着し、固定します。

そのため、やはりその歯には大きな負担がかかるのです。

どちらも、残っている歯に優しくないでしょう。

しかし、インプラント治療の場合は独立してインプラント体を装着し、そこに義歯を付けるため、周囲の歯に負担をかけません。

その分、他の歯に優しいのです。

 

歯を削らなくても良い

ブリッジ治療や入れ歯治療では、歯に被せるために両脇の歯を削ることがあります。

健康な歯を削るともう元には戻らないため、もったいないでしょう。

また、そこから歯が痛んでしまうことも少なくありません。

インプラントの場合、インプラント体は歯の隙間部分よりも小さいためわざわざ歯を削る必要がありません。

装着する義歯も、そのサイズに合わせて作られるのでスペースを得るために削らなくてもいいのです。

この点でも、インプラント治療は他の歯に優しい治療となっています。

歯が失われると、残された歯はより一層大事にしたくなるでしょう。

そういった時に、インプラント治療は最適です。

 

まとめ

インプラント治療は、他の治療と比べて残された歯に優しい治療です。

これ以上歯を失いたくないという方であれば、向いている治療方法でしょう。

インプラント治療には、他にも多くのメリットがあります。

しかし、デメリットもいくつかあるため、治療を受ける際はあらかじめメリットばかりではなく、デメリットについても説明を受けてから治療に臨むようにしましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。