MENU

ブログ

Blog

インプラントは外れることがある?対処法は?|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラントは外れることがある?対処法は?

Pocket

インプラント治療では、本来の歯の代わりになるようしっかりと固定するのですが、ごくまれに外れてしまうケースもあります。

その場合、どの部分が外れてしまうのでしょうか?

また、外れた場合はどう対処するべきでしょうか?

インプラントが外れるケースと、対処法を解説します。

 

被せた歯が外れた場合

インプラントは、インプラント体とアバットメント、義歯を組み合わせたものです。

このうち、外れることがあるのはどこでしょうか?

答えは、どのパーツも外れることがあります。

まず、歯の代わりに被せている義歯はセメントを使ってしっかりと接着しているのですが、強く食いしばったり歯ぎしりをしたりした時に負荷がかかります。

その負荷によって少しずつ接着が緩み、外れてしまうことがあるのです。

また、義歯が破損して外れることもあります。

この場合、まずは誤飲を防ぐためにすぐ口から出してください。

もう一度被せようとすれば入りますが、固定できないのでまずはその義歯を持って歯科クリニックに行き、外れた原因を確認してもらい、対処してください。

 

アバットメントが外れた場合

アバットメントは、インプラント体と義歯の間にあるパーツで、インプラント体とはねじで固定されています。

これも義歯と同じく、強い負荷がかかった時にはごくまれに外れてしまうことがあります。

アバットメントが外れる時は、ほとんどの場合義歯と一緒に外れてしまうでしょう。

その場合、義歯と一緒に保管して、歯科クリニックに持って行ってください。

一部のケースでは、ねじをしっかりと締め付けていないせいで外れたということもあるので、その点も確認してもらいましょう。

 

インプラント体が外れた場合

最も深刻なケースが、インプラント体が外れてしまうというケースです。

インプラント体は、歯肉の奥の顎の骨に癒合させることでしっかりと固定されているはずなのですが、抜けてしまうということは重大な問題が起こっている可能性があるのです。

まず考えられるのは、インプラント周囲炎が起こっているケースです。

これは初期段階であれば歯茎が傷むだけなのですが、放置しておくと細菌感染によって顎の骨が減ってしまうことがあるので、支えを失って抜けてしまうのです。

これ以外では、インプラントの挿入が適切に行われていないため、骨と癒合しなかったケースがあります。

また、噛み合わせの変化によってインプラントに負荷がかかり、抜けることもあります。

インプラント体が抜けた時は、自分で戻そうとしてはいけません。

また、穴が開いてしまった部分を埋めるために綿などを詰めると、細菌感染の原因になりかねません。

かと言って放置しても問題があるので、速やかに歯科クリニックを受診してください。

 

まとめ

インプラントが外れるというのは、ごくまれにしか起こりません。

しかし、絶対に起こらないというわけではないので、万が一に備えてどう対処するべきかを知っておいた方がいいでしょう。

基本的には歯科クリニックで治療するのですが、その前にやってはいけないことも覚えておいてください。

また、放置せずなるべく早く受診することをおすすめします。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。