MENU

ブログ

Blog

インプラントを付けて違和感がある場合の対処方法は?|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラントを付けて違和感がある場合の対処方法は?

Pocket

インプラントは、元々の歯に近い感覚で使うことができることで人気があります。

しかし、中にはどうしてもインプラントに違和感があるという方もいらっしゃいます。

治療前に、違和感がないか心配な方もいるでしょう。

その場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

違和感があるポイントと、対処法について解説します。

 

何に違和感がある?

インプラントを挿入して違和感がある場合、どのような原因があるのでしょうか?

まず考えられるのが、インプラント周囲炎が起こっているケースです。

これは、インプラント挿入によってその周辺が炎症を起こしている症状です。

一見すると歯周病に近い病気で、放置しておくと歯周ポケットも深くなって細菌感染を起こし、やがては顎の骨まで溶かしてしまいかねません。

そうなるとインプラントの固定も緩くなり、ぐらぐらしてしまうのです。

また、インプラントの挿入位置や角度が適切ではないせいで、違和感が生じることもあります。

他の歯とぶつかり合っているケースや、神経に触れてしまっているケースもあります。

インプラントを固定しているねじが緩んでしまっているということもあります。

最初は問題無くても、強い負荷がかかったせいで緩んでしまい、ぐらぐらすることもあります。

また、噛み合わせの変化によって被せている義歯の高さが合わずに違和感があるというケースもあります。

 

対処方法は?

インプラントを付けて違和感があるという方は、なるべく早く歯科クリニックを受診してください。

特にインプラント周囲炎の場合は、症状が進行してしまわないうちに対処するべきです。

インプラントの位置のずれやねじのゆるみなども、放置しておくとインプラントそのものが破損してしまう可能性があります。

そうなれば、もう一度インプラント体の挿入からやり直しになるかもしれません。

違和感なく使用し続けるには、毎日のセルフケアを欠かさないようにしましょう。

ブラッシングの指導も受けて、丁寧に磨き残しがないよう歯磨きをしてください。

時には、デンタルフロスも使用しましょう。

また、歯科クリニックで定期的なメンテナンスも受けることを忘れないようにしましょう。

どうしても磨き残しは出てしまうので、そういったところも丁寧に除去することでインプラント周囲炎を防ぐことができます。

また、緩みなどがないかもチェックしてもらえます。

 

まとめ

インプラントは、ほとんどの人が違和感なく使用できるものです。

しかし、普段のケアが不十分な方などは、違和感が生じることもあるのです。

長く快適にインプラントを使用し続けるためには、毎日のセルフケアを欠かさないことが大切です。

それに加えて、歯科クリニックでも定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。