MENU

ブログ

Blog

インプラント治療後に口臭が出てしまう原因について|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラント治療後に口臭が出てしまう原因について

Pocket

インプラント治療後は、見た目が良くなるだけでなく、自身の歯でしっかりと噛む感覚を得ることができます。

しかし、中には治療後、これまでになかった口臭に悩まされてしまう方もいます。

ここからは、インプラント治療後に口臭が出てしまう主な原因について解説したいと思います。

 

磨き残し

インプラント治療後に口臭が出てしまう原因としては、まず磨き残しが挙げられます。

インプラント治療は、非常に審美性の優れた治療ではありますが、元々の歯と治療済みの歯の間には、どうしても多少の段差ができてしまいます。

そのため、こちらの間にプラークや食べカスが残りやすくなり、こちらが蓄積されることによって、口臭につながるおそれがあります。

もちろん、インプラント治療をしていなくても、このような箇所の磨き残しが発生することはあります。

しかし、インプラント治療によって埋め込んだ人工歯が多いほど、そのリスクが高まることは事実です。

 

インプラント周囲炎

インプラント治療後には、インプラント周囲炎を発症することにより、口臭が出てしまうケースもあります。

インプラント周囲炎とは、名前の通りインプラントの周囲組織で炎症が起こる疾患をいいます。

歯周病と同じ細菌感染症の一種で、歯面ではなく人工歯根の表面に付着したプラークが原因で発生します。

また、インプラント周囲炎によって出た血液や膿は、ひどい口臭につながります。

ひどい場合は、人工歯根周囲の歯槽骨が破壊されることにより、人工歯根が骨に固定されなくなることも考えられます。

 

インプラント治療後の口臭対策

インプラント治療後に口臭が出てしまった場合、口内に何かしらのアクシデントが発生している可能性が高いです。

そのため、まずは歯科クリニックを訪れ、どのような問題が発生しているのかを確認してもらいましょう。

このとき、インプラント歯周炎が見られたり、人工歯根に緩みがあったりする場合には、早急に対処してもらうことができます。

また、単純に歯磨きが不十分であり、プラークが残っていることが口臭の原因である場合も、正しいブラッシングの方法を指導してもらえる場合があります。

 

まとめ

ここまで、インプラント治療後に口臭が出てしまう主な原因について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

インプラント治療は、「噛み合わせが悪い」「食事がしづらい」といったさまざまな悩みを解決する治療法です。

しかし、口内のケアをおろそかにしていると、口臭や周囲炎といった別の悩みを生み出してしまうことも考えられるため、自身でのケア、歯科クリニックでのメンテナンスは忘れてはいけません。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。