MENU

ブログ

Blog

インプラント治療後の過ごし方で注意すべきポイントについて|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラント治療後の過ごし方で注意すべきポイントについて

Pocket

インプラント治療を受けた後は、その日のうちに日常生活に戻ることができます。

しかし、これまでと同じように、一切の制約なく生活できるかというと、決してそういうわけではありません。

ここからは、インプラント治療後の過ごし方について、注意すべきポイントをいくつか解説したいと思います。

 

うがい薬の使用について

インプラント治療後の過ごし方において注意すべきポイントとしては、まずうがい薬の使用が挙げられます。

インプラント治療を受けた口内には、手術の際にできた傷跡がまだ残っています。

そのため、手術当日は、なるべくうがい薬を使用しないことをおすすめします。

水で軽くゆすぐだけであればまだ良いですが、うがい薬を用いて強いうがいをしてしまうと、口内の傷が刺激されて治るのが遅くなったり、出血が止まりにくくなったりしてしまいます。

 

MRI検査について

インプラント治療後の過ごし方において気を付けるべきポイントには、MRI検査も挙げられます。

MRI検査とは、治療前にガンの有無や広がり、他の臓器への転移がないかを調べたり、治療の効果を判定したり、治療後の再発がないかを確認したりと、さまざまな目的で行われる精密検査をいいます。

また、MRI検査は強力な磁石と電波を使い、磁場を発生させて行いますが、インプラントに磁石を使用している場合、MRI本体の故障や人体への影響が出ることも考えられます。

ただし、歯科クリニックで採用されているインプラントのほとんどは、MRI検査を受けても問題がない金属を使用しているため、基本的には上記のような影響が出ることは考えにくいです。

 

薬の服用について

薬の服用も、インプラント治療後の過ごし方において、注意すべきポイントの1つです。

インプラント治療後には、歯科クリニックから処方された痛み止めや抗生物質を指示通りに服用しなければいけません。

腫れがそれほどひどくない場合、自身の判断で服用をやめてしまったり、飲み忘れたりするケースがよく見られますが、このような状況は避けるべきです。

きちんと指示通り服用しなくなると、それまで薬で抑えられていた腫れが再発する可能性があります。

 

まとめ

ここまで、インプラント治療後の過ごし方について、注意すべきポイントをいくつか解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もし、治療後の過ごし方に関してわからないことがあるのであれば、すぐに歯科クリニックに相談することをおすすめします。

また、治療箇所の違和感などがある場合は、あらためて歯科クリニックに来院の上、状況をチェックしてもらう必要があります。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。