MENU

ブログ

Blog

スプリントとは?~メリットや注意点について解説~|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

スプリントとは?~メリットや注意点について解説~

Pocket

起きているとき、寝ているときに関わらず、無意識の歯ぎしりや食いしばりに悩む方は少なくありません。

また、このような症状が見られる方は、弊害として歯の擦り減りや痛みなどが出ることもありますが、“スプリント”によって解決できる可能性があります。

今回は、スプリントの概要やメリット、注意点について解説します。

 

スプリントの概要

噛み合わせなどの原因により、顎関節部の障害が生じた場合に、上下の歯が直接噛み合わないよう、間に装着するクッションのようなものをスプリントといいます。

通常は就寝中に装着するもので、上下すべての歯を均等に接触させるタイプや、前歯のみが接触するタイプなどがあります。

また、素材もさまざまであり、樹脂製や金属製、組み合わせ型などがあります。

ちなみに、成人の場合、長年にわたり身に付いた噛み合わせにより、ダメージを受けた顎関節を安定化するためのスプリント治療は、約6ヶ月~1年程度の期間がかかることも考えられます。

 

スプリントのメリット

スプリントの一番のメリットは、やはり歯ぎしりや食いしばりなどによる顎関節の負担を軽減できるという点です。

また、顎関節が安定してくると、噛み合わせが徐々に変化するのが目に見える形でわかります。

その他、口腔周囲の筋肉の緊張が解消されることも、スプリントのメリットです。

口周りの筋肉が自然になることで、顔貌の変化や頭痛、肩こりといった症状の緩和が期待できます。

ちなみに、小児の場合はスプリントが顎関節を保護し、正しい下顎の発達、成長を促します。

 

スプリントの注意点

スプリントは非常にメリットが大きい治療法ですが、あくまで顎関節や歯の痛みを軽減させるためのものです。

そのため、歯ぎしりや食いしばりを根本的に治すことはできません。

また、しっかりと自身の筋肉に調和したスプリントを作成しなければ、逆に症状が悪化してしまうことも考えられます。

その他、歯の本数が少ない方にとって、スプリントはあまり適していない治療法だと言えます。

スプリントは歯に合わせて作製するため、歯が少ない場合はなかなか固定できず、就寝中に外れてしまう可能性が高いです。

 

まとめ

ここまで、スプリントの概要やメリット、治療を受けるにあたっての注意点について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

歯ぎしりや食いしばりの自覚がある方、自覚はないものの、歯や顎の痛みがひどい方などは、ぜひ一度スプリントの装着を検討してください。

歯科クリニックにもよりますが、治療費は保険診療で数千円程度と、それほど高くならないケースも多いです。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。