MENU

ブログ

Blog

総入れ歯で痛みがあり食べられない、という方向けの治療法|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

総入れ歯で痛みがあり食べられない、という方向けの治療法

Pocket

歯をすべて失った場合、総入れ歯という選択をする人は多いでしょう。

しかし、中にはせっかく入れ歯を入れたものの、痛みがあって食べられないというお悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

そういった場合、他にはインプラントを含めどのような治療法があるのかを紹介します。

 

入れ歯が合わない場合は作り直す

総入れ歯は、単に歯の代わりとして口に入れればいいというものではありません。

歯茎の形や骨格などを考慮して、個別に作られているオーダーメイド品です。

そのため、噛み合わせなどは微調整を繰り返して作られています。

しかし、それでも総入れ歯が痛いという場合は、微調整が上手くいっていないケースがあります。

また、作ってから長い時間が経過している場合は、歯茎が痩せたり骨格が変化したりといった理由から、合わなくなっていることもあります。

こういった場合、調整をしたり作り直したりすることで、痛みが無くなるケースがあります。まずは、入れ歯を歯科医院で診てもらいましょう。

 

インプラントでの治療

インプラント治療は、本来であれば失われた歯の代わりにインプラント体を埋め込み、そこに義歯を装着するというものです。

これをすべての歯に行えば、以前の歯があった状況に戻ってくるでしょう。

しかし、それには何度も手術を行う必要があり、かなり大変です。

そこで、総入れ歯の方であればインプラントオーバーデンチャーという選択肢もあります。

これは、入れ歯の土台としてインプラントを使うというものです。

前歯付近に2~4本ほど、インプラント体を埋め込みます。

そして、義歯の代わりに入れ歯と結合し、固定するのです。

こうすることで、入れ歯がかなり安定します。

通常の総入れ歯よりも噛む力が強くなるため、食べられる物はかなり増えます。

すべての歯をインプラントにするよりも、費用はかなり安くなるというのもメリットです。

また、入れ歯は取り外し可能なので、残った歯を磨きやすくなるのです。

ただし、この方法はあくまでも入れ歯であるため、違和感があるという人も少なくありません。

また、いくら安定しているとはいっても何でも食べられるというわけにはいきません。

もっと安定させたいという方であれば、ボーンアンカード・フル・ブリッジという選択肢もあります。

これは、インプラント体の本数を約2倍に増やし、入れ歯を完全に固定してしまうという方法です。

この方法では、例えば下側にインプラントを埋め込み、下顎側をしっかりと固定するということができます。

また、下顎はインプラント体と義歯、上顎にはボーンアンド・フル・ブリッジを施してしっかりと固定するという方法もあります。

 

まとめ

歯を失った時、その代替品となる治療を行う場合はどれだけ今までの歯に近い感覚で使用できるかということと、治療費や安全性などを天秤にかけることになるでしょう。

大切なのは、自分がどのような歯を求めているかという点です。

いくら優れた治療でも、自分に合っていなければ無駄となります。

よく考えて、治療法を選びましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。