MENU

ブログ

Blog

インプラントが欠損する主な原因について解説します|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラントが欠損する主な原因について解説します

Pocket

インプラントは、骨の中に人工歯根を埋め込み、そこにアバットメントという義歯との連結部分にあたる部品を取り付け、義歯を被せるという治療です。

しかし、治療後の生活において、稀にインプラントにおける義歯の部分が欠損することがあります。

今回は、こちらの主な原因について解説したいと思います。

 

強い衝撃を受けた

インプラントにおける義歯の部分が欠損する主な原因としては、まず何かしらの強い衝撃を受けることが挙げられます。

こちらは、天然の歯にも同じことが言えますが、例えば転んでインプラント部分をぶつけたり、事故に遭ったりした場合には、強い衝撃が加わり、目に見える義歯の部分が欠損することがあります。

このとき、直接インプラント部分をぶつけていなくても、無意識に食いしばることにより、義歯が欠けたり、ヒビが入ったりする可能性はあります。

ちなみに、同じ理論でいうと、就寝中の歯ぎしりや食いしばりでも、インプラント部分に強い力が加わり、欠損することが考えられます。

 

硬いものを噛んだ

インプラントが欠損する主な原因としては、硬いものを噛むことも挙げられます。

インプラントの良さは、まるで自身の歯のような噛み心地を実現できるところですが、こちらは決して何でも噛めるということではありません。

例えば、堅焼きのせんべいを食べたり、歯で缶のフタを無理やり開けようとしたりすると、義歯の部分がその硬さに負けてしまい、欠損することは十分に考えられます。

もちろん、柔らかいものしか噛めないというわけではありませんが、あまりに硬すぎるものには注意してください。

 

噛み合わせが変化した

噛み合わせが変化することも、インプラントの義歯部分が欠損する原因の1つです。

天然歯は、時間が経過するにつれて少しずつ動いていくものです。

そのため、インプラント治療後、メンテナンスに通わずに放置していると、知らず知らずのうちに噛み合わせが変化し、インプラント部分に強い負荷がかかることがあります。

また、インプラント部分にかかる負荷が大きくなると、目に見える義歯の部分だけ欠けてしまったり、亀裂が入ってしまったりすることが考えられます。

 

まとめ

ここまで、インプラントにおける義歯の部分が欠損する主な理由を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もし、治療後に義歯を欠損させてしまったのであれば、すぐにインプラント治療を受けた歯科クリニックを訪れましょう。

保証期間内であれば、無償で再治療を受けることができますし、再び同じことが起こらないように、対処やアドバイスなどをしてくれます。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。