MENU

ブログ

Blog

インプラント後の食事で摂取すべきではない食べ物について|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラント後の食事で摂取すべきではない食べ物について

Pocket

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根を埋入し、歯を補う治療法です。

また、こちらの治療を受けた方は、食事の仕方や内容について気になる部分も多いかと思います。

ここからは、インプラント後の食事で摂取すべきではない食べ物とその理由について解説したいと思います。

 

硬いもの

インプラントを受けた直後は、施術箇所の安定感に欠けるため、食事を摂る際には硬いものをなるべく避けるようにしましょう。

硬いものを噛んだときの衝撃は、皆さんが想像しているよりも大きいです。

また、施術箇所とは逆の歯で噛んだとしても、硬いものが割れたり砕けたりする際の衝撃は、逆側の施術箇所に伝わる可能性があります。

具体的には、インプラントがある程度安定するまでの間、せんべいやナッツ類、スルメやフランスパンなどの食べ物を避けるべきです。

ちなみに、フランスパンなどの水分で柔らかくできるものは、スープなどに入れると問題なく食べることができます。

 

熱いもの、冷たいもの

熱いものや冷たいものも、インプラント後の食事では避けるのが無難です。

インプラントはれっきとした口内の手術であるため、当然治療後にはある程度傷跡が残ります。

そこに熱いものや冷たいものが当たると、強い痛みにつながったり、炎症が起こったりすることがあるため、注意してください。

例えば、お粥や汁物などは、しっかりと冷ました状態で口に運び、アイスコーヒーなどの冷たい飲み物は、なるべく常温に近い温度で飲むことをおすすめします。

 

刺激が強いもの

口内への刺激が強い食べ物も、インプラント後の食事では摂取すべきではありません。

例えば、香辛料が含まれる食べ物や飲み物は、傷口の腫れや痛み、出血につながるため、控えるようにしましょう。

香辛料が出血につながる理由としては、血流が促進されることにより、傷口がふさがりにくくなることが挙げられます。

特に、唐辛子が多く使用されているカレー、激辛料理などは避け、ワサビやマスタード、胡椒などもできるだけ口にしないように意識してください。

ちなみに、レモンやグレープフルーツ、酢の効いた食べ物、梅干しなどの酸っぱい食べ物も、傷口に刺激を与える可能性があるため、摂取してはいけません。

 

まとめ

ここまで、インプラント後の食事で摂取すべきではない食べ物、飲み物について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

本文では解説しきれませんでしたが、歯にくっつきやすいソフトキャンディーやアルコールなども、インプラント後には摂取すべきではありません。

また、インプラントを受けてから半年ほど経過すれば、基本的には通常通りの食事に戻すことができるため、それまでは何とか我慢しましょう。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。