MENU

ブログ

Blog

インプラント手術には痛みがある?抑える方法は?|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

インプラント手術には痛みがある?抑える方法は?

Pocket

インプラントは、近年人気がある治療方法です。

しかし、その方法を聞いて痛そうと思い、諦めてしまう方もいらっしゃいます。

インプラントの手術は、どのくらい痛いのでしょうか?

また、それを抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

手術の痛みについてと、それを抑える方法について解説します。

 

インプラント手術の痛みについて

インプラント治療では、インプラント体という金属のパーツを、歯茎の中に入れて顎の骨にくっつけて固定します。

そう聞くと、かなりの痛みを想像するでしょう。

しかし、手術の際は局所麻酔を使用して、痛みを抑えます。

麻酔が効くのは施術部分だけなので、意識を保ったまま手術ができます。

そのため、基本恵的には痛みがありません。

但し、手術が終わる前に麻酔が切れてしまい、痛みを感じるケースはあります。

通常であれば、麻酔が切れる前に追加するのでほとんどの場合心配はいりませんが、痛みを感じる時などは早めに申告しましょう。

痛みに不安が強いという方には、静脈内鎮静法というやり方もあります。

これは、静脈麻酔薬や抗不安剤などを投与して、ほとんど眠っている状態で手術を行う方法です。

インプラント治療の痛みを他の治療と比較した場合、虫歯の治療は麻酔を使った場合インプラントと同じくらいですが、麻酔を使用せずに削る場合などはインプラントより痛みが大きくなるでしょう。

抜歯と比較すると、抜歯は歯茎に腫れや膿を持っていることがあるため、インプラントの方が痛みは少ないといえます。

親知らずの治療は麻酔が効きにくいこともあるため、やはりインプラントの方が痛みは少なくなります。

 

痛みを抑える方法

インプラントは、手術後の行動で痛みが大きくなることもあります。

その原因となる行為を避けることで、痛みを抑えることができるでしょう。

まず、処方された薬は必ず決まった時間に服用してください。

口腔内の衛生状態が悪いと雑菌が感染してしまうこともあるため、歯磨きなどはしっかりと行いましょう。

喫煙や飲酒なども痛みを増す原因となるもので、お風呂も長くつかると血行が良くなって痛みが生じるので、注意が必要です。

また、痛みを抑える方法としては痛み止めが有効です。

手術後は必ず痛み止めが処方されるので、我慢し過ぎないよう痛い時は飲むようにしてください。

 

まとめ

インプラント手術は、切開や埋入などがあるためどうしても痛みを伴います。

麻酔をかけて行うものの、中には麻酔が効きにくい方などもいるため、

痛みが不安な方は、手術の前によく相談して不安を解消してから行ってください。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。