MENU

ブログ

Blog

コンフォート義歯を使用するにあたって知っておきたいコト|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

コンフォート義歯を使用するにあたって知っておきたいコト

Pocket

コンフォート義歯は、歯を1本~数本、あるいはすべて失ったとき、用途にあわせて使用することができるオーダーメイドの義歯です。

噛んだときの痛みの少なさ、安定感などに定評があるこちらの義歯ですが、実際使用するにあたっては、知っておいていただきたいことがいくつかあります。

詳しく見てみましょう。

 

汚れが付着しやすい

コンフォート義歯を使用するにあたってまず知っておきたいのは、他の義歯に比べて柔らかい素材であることから、汚れが付着しやすいという点です。

コンフォート義歯は、入れ歯ブラシでのブラッシングや、洗浄剤での浸け置き洗いといったメンテナンスをしなければいけませんが、こちらを怠ると、すぐコロニー汚れが付着します。

コロニー汚れとは、目視できるまでに成長したカビや細菌などの塊をいい、さらにこちらを付着後半年以上放置すると、ブラッシングをしても取り除くことができず、シリコーンの表面がザラザラになってしまいます。

このような状態になると、歯科クリニックでの貼り替えが必要になるため、注意してください。

 

作製に時間がかかる

歯が抜けていて不便な方、総入れ歯を新しくしたい方などは、すぐにでもコンフォート義歯を作製し、使用したいと考えているかと思います。

しかし、コンフォート義歯は他の義歯と比べ、作製に時間がかかるため、場合によってはすぐに使用できない可能性があります。

作製の流れとしては、まず歯科クリニックにおいて型取りを行い、そこから作製して、最終的にシリコーン加工が施された現物が届くまでには、数週間~1ヶ月、長ければ2ヶ月程度かかることもあります。

また、なぜこれほどまでに時間がかかるのかというと、作製の工程が多いということもありますが、やはり大きな理由としては、需要と供給のバランスがまだまだ十分ではないことが挙げられます。

コンフォート義歯には特殊なシリコーン加工が必要であり、専門の技工所が混雑しているというケースも多いです。

そのため、コンフォート義歯を使用したい方は、作製が長期化することを見越して、まずはこれまで使用していた義歯を修理または調整するなどして、コンフォート義歯が完成するまでの間、仮入れ歯として使用することをおすすめします。

 

まとめ

ここまで、コンフォート義歯を使用するにあたって、ぜひ知っておいていただきたいことについて解説しました。

前述の通り、コンフォート義歯には多少の欠点があるものの、歯を失った方にとって最適な義歯であることには変わりありません。

特に、現在の義歯に不満を抱いている方は、ぜひこの機会に乗り換えを検討してみてください。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。