MENU

ブログ

Blog

金属アレルギーの方でもインプラントはできるのか?|越谷市せんげん台の歯医者 – せんげん台ほんま歯科医院

金属アレルギーの方でもインプラントはできるのか?

Pocket

 

インプラントは、歯を失ってしまった方に人気の治療法です。

しかし、その治療法では歯の代わりに金属を埋め込むことになるため、金属アレルギーの方は心配になるかもしれません。

金属アレルギーであっても、ほとんどの場合はインプラントには問題ないのです。

その理由について、解説します。

 

インプラント体はチタン製

金属アレルギーの方は、金属に触れるとアレルギー症状が出てしまいます。

そのため、どのような金属でも敬遠されているかもしれません。

しかし、金属アレルギーの方でもアレルギー症状が出にくい素材もあるのです。

その素材というのは、チタンです。

金属アレルギーの方の中にも、どのような金属にアレルギー反応が出るのかは異なるケースがあります。

チタンは、そのほとんどのケースでアレルギー反応が生じないのです。

そのため、チタンは医療の現場でよく使われています。

脳神経外科で頭蓋骨の代用としたり、整形外科で人工関節の材料としたりするケースでも、チタンが使われています。

また、インプラントではインプラント体の他に、アバットメントというパーツと義歯のパーツがあるのですが、こういった部分では金属以外の素材を選ぶことも可能です。

よく使われるのが、オールセラミックやハイブリッドセラミック、あるいはジルコニアなどです。

 

金属アレルギーの方の注意点

金属アレルギーの方や、アレルギーが起こることが心配という方は、いくつかの点に注意してください。

最も重要なのは、最初のカウンセリングで金属アレルギーであること、もしくはその心配があることを医師に伝えることです。

そうすれば、使われるチタンでアレルギー反応が生じるかどうかをあらかじめパッチテストで確認できます。

また、金属が使われていない素材での治療を提案してもらうことも可能です。

万が一、インプラントを行ってから金蔵アレルギーの症状が出た場合は、必ず相談してください。

アレルギー症状としては、手足が痒くなったり赤くなったりするケースや、扁平苔癬(へんぺいたいせん)といわれる症状が出るケースが主です。

チタンが原因なのかどうかをチェックして、もしそれが原因の場合は速やかに撤去する必要があります。

その場合は、ブリッジや入れ歯等で改めて修復することになるでしょう。

また、症状が軽微だった場合はすぐに撤去するのではなく、しばらく経過観察を行うケースもあります。

 

まとめ

インプラントは歯の代わりにインプラント体という金属のパーツを埋め込むのですが、その素材は金属アレルギーの出にくいチタンです。

滅多に金属アレルギーの症状が出る人はいませんが、皆無というわけではありません。

金属アレルギーが心配な方は、治療前にパッチテストを行って確認するため、まずはご相談ください。

チタンにもアレルギー反応が生じる場合は、別の治療方法について提案させていただきます。

埼玉県越谷市(せんげん台)でインプラント治療を検討の際には、是非、せんげん台ほんま歯科医院にご相談下さい!

インプラント治療に関する相談・カウンセリングは初回無料となっております。

納得頂いた上で治療を実施して参りますので、心よりお待ちしております。