MENU

入れ歯・ブリッジ

Denture

入れ歯・ブリッジ|越谷市せんげん台の歯医者 - せんげん台ほんま歯科医院

入れ歯・ブリッジ

歯が無くなったら?

歯が無くなったら?

歯が無くなると、“食事”や“おしゃべり”などの、お口の働きが低下します。これを、“機能きのうの低下”といいます。また、前歯を失ったり、多くの歯が無くなると“口元”や“顔立ち”も変わっていきます。これを“審美性しんびせいの低下”といいます。

ヒトの歯は、生え変わることができません。そのため、歯が無くなって低下した“機能”や“審美性”を回復させるためには、人工の装置を使うことになります。このように、人工の装置で“機能”や“審美性”を回復させる治療を“補綴治療ほてつちりょう”といいます。

入れ歯

入れ歯

歯が無くなると、歯ぐきも痩せてしまいます。入れ歯は、歯と歯ぐきの形と働きを回復させるための取り外し式の装置です。入れ歯には金具があります。この金具を残っている歯に引っ掛けて使います。
お口の中から取り外してお掃除ができるため、衛生的な装置です。掃除はお食事の後と寝る前に行います。また、寝るときは外していただき、洗浄液などに漬けていただくことで、より清潔に使っていただけます。

歯の位置や歯ぐきの形は、年々変化していきます。入れ歯は修理や調整がしやすい装置です。定期的にご来院いただき、入れ歯を、お口の中の環境に合わせて調整することで、長くお使いいただけます。しかしながら、割れた・欠けた場合や、さらに歯が無くなった場合には、お作り直しをすることがあります。

入れ歯を入れて、お口に馴染むまでは、柔らかいものや、小さく切ったものを食べながら様子を見てください。その後、ご来院いただき入れ歯の調整をします。入れ歯は、嚙む力を歯と歯ぐきで支えます。歯ぐきの薄い部分は、噛んだ時に痛みが出やすいですので、注意してご使用ください。

入れ歯の種類

入れ歯は、保険診療が適用できる治療です。材料にはプラスチックと金具を使用します。この入れ歯を使用して「見た目が悪い」「しゃべりにくい」とお感じになった場合、保険外診療の入れ歯をお薦めいたします。保険外の入れ歯には以下の3種類がございます。

アタッチメント義歯(あたっちめんとぎし)

アタッチメント義歯(あたっちめんとぎし)

金具を使わないため入れ歯の見た目を改善できます。
入れ歯が動きにくくなるため、噛みやすくなります。

金属床義歯(きんぞくしょうぎし)

金属床義歯(きんぞくしょうぎし)

薄い金属のプレートを使用します。入れ歯の厚みを薄くできるため、お喋りがしやすくなります。お食事もしやすくなります。また、入れ歯が壊れにくくなります。

ノンメタルクラスプデンチャー

ノンメタルクラスプデンチャー

見た目が非常に良く、着け心地の良い入れ歯です。金属をあまり使いません。アレルギーが心配の方でも使用できます。また、柔らかい素材のため、入れ歯が痛い方にお勧めです。

ブリッジ

ブリッジ

歯を支えにする装置です。
セメントで歯に固定します。そのため、噛みやすく、お喋りもしやすいのが特徴です。
また、審美性を回復しやすい装置です。
失った歯が2~3本までの患者様に対応した装置です。
ブリッジにするためには、歯を削る必要があります。無くなった歯の隣の歯を削ります。削り方によって、ブリッジは2つの種類にわかれます。

1.
接着ブリッジ(アドヒーシブブリッジ)
歯を削る量を最小限にしたブリッジです。歯の表面を薄く一層削ります。
体へのストレスが少なく、治療も簡単です。
しかし、大きなブリッジには不向きです。また、奥歯など大きな力がかかる場所では使えません。
2.
一般的なブリッジ
歯の一部または全周を削ります。ブリッジが歯にしっかりと固定されるため、大きなブリッジや奥歯でも使うことができます。

歯はお口の中で独立していますが、ブリッジが取り付けられると、つながった歯になります。そのため、歯ブラシだけでは、お手入れが難しくなります。歯間ブラシやフロス(糸ようじ)、1本磨き用の歯ブラシ(ワンタフトブラシ)などを使うことになります。また、電動歯ブラシや音波ブラシなども便利です。ブリッジの周りのお手入れが行き届かないと、支えになっている歯が虫歯や歯周病になりやすいです。
ブリッジは、保険診療が適用できます。金属の歯になります。白い歯をご希望の場合、保険外診療となります。ブラスチックやセラミックス、最新素材のジルコニアなど、様々な材料を使うことができます。
材料について多数のサンプルをご準備しておりますので、ご来院いただき、ぜひ一度お手に取りご確認ください。

入れ歯とブリッジ、どちらがいいの?

一概にどちらが良いとは言えません。ひとつの考えとしてあげるならば、残っている歯が多い場合はブリッジが良く、残っている歯が少ない場合は、入れ歯が適すると思います。ブリッジは歯を削るため、元に戻すことはできない治療になります。治療を始める前に丁寧にご説明をいたします。お気軽にご相談ください。