MENU

口腔外科

Oral Surgery

口腔外科|越谷市せんげん台の歯医者 - せんげん台ほんま歯科医院

口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科とは、お口の中と周囲、アゴとその周りの病気を扱う診療科です。抜歯をするのも口腔外科です。
お口の中やお口の周りが、“腫れた”、“痛い”、“しみる”、“血が出る”、“色が変”など、気になることがございましたら、お気軽にご来院ください。
また、“アゴの痛み”や“お口の開けにくさ”、“お口の開け閉めの音”などでお悩みの患者様も、ぜひご相談ください。

口腔外科で扱う主な病気

抜歯

虫歯や歯周病などで歯を残すことが難しくなった場合、抜歯をすることになります。
抜歯は、注射の麻酔を使用して行います。
安全な治療を行うために、抜歯の前にはお体の健康状態を確認させていただきます。
ご病気やお飲みになっているお薬がある場合、お知らせください。
抜歯の前に十分な検査を行い、治療についてご説明をいたします。
患者様のご了解をいただいたうえで、抜歯を行います。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

成人の“第三大臼歯”を俗に“親知らず”といいます。
生えていない方もいますし、“親知らず”があったとしても抜かなくて良い場合もあります。
診断をするためにはレントゲン検査が必要になります。気になる患者様・ご心配の患者様は一度ご来院ください。
親知らずの特徴は“まっすぐに生えていない”ことです。多くは斜めや真横に生えています。
そのため、親知らずを抜歯するためには、小さな手術が必要になります。
親知らず抜歯の前に十分な検査を行い、治療についてご説明をいたします。
患者様のご了解をいただいたうえで、抜歯を行います。

顎関節症

以下のようなお悩みの方は、顎関節症の可能性があります。

  • 口の開け閉めで、耳の前やアゴの筋肉が痛む。
  • 口の開け閉めで、音がする。
  • 大きく口が開けられない。
  • 朝起きるとアゴが痛い。

顎関節症

顎関節症は、アゴの関節の症状とアゴを動かす筋肉に症状が出ます。
アゴの関節の症状には、“音が鳴る”と“痛み”があります。
筋肉の症状には、“コリ”と“痛み”があります。
寝ている間や、日中の“食いしばり”や“歯ぎしり”によって顎関節症が生じる場合があります。
当院では、顎関節症の患者様に対して的確な診断をし、噛み合わせの調整やマウスピースを用いた治療、筋肉のマッサージなどを行ってまいります。

粘膜疾患

粘膜疾患とは、口の中、舌、唇、歯ぐき、頬の内側などの、腫れや痛みなどのことです。
原因は、口内炎やアレルギー、腫瘍など様々で、お体のご病気と関係がある場合があります。
お口の中の粘膜に問題がある場合、おしゃべりやお食事などの刺激によって痛みなどの症状が出やすくなります。
また、お口の中は多くの細菌がいるため、それらが感染する可能性があります。
おつらい場合、気になる場合は、お気軽にご来院ください。

外傷

口の周りと口の中、お顔に負ったケガのことを“顎顔面外傷”といいます。
歯が割れた、歯が折れた、歯が抜けた・脱臼した、口の中を切った、お顔の皮膚を切った、アゴの骨が折れた、などが挙げられます。
早めに歯科を受診することが、早期の回復のために重要となります。